マンガでわかるお客様が感動するサービス

 この本は、お客様が感動するサービスを提供するためには、「人の動き」が不可欠であるということを基本にして報告いたしました。
私たちは誰でも他人の不幸や不運なところに引かれ、その他人よりも自分が優位であることを実感することによって強い感動を感じます。この「感動のメカニズム」を接客現場に応用し、店員や係員が客に対して「劣位アクション」を使った接客を提供することが多くの客に感動や満足を提供するのです。
「劣位アクション」こそが、顧客満足の提供には不可欠であることをご理解ください。
馬渕と南條が実際に体験した感動シーンで構成されています。