不注意指示タイプの接客

1.あなたが行いやすい接客の仕方

物事をきちんと型通りにしなければならないという価値観が好くないあなたは、お客様に一般的な商品説明をしても意味がないと考えがちです。そのため、一番スタンダードな内容を説明するのではなく、その周辺の話やあまり関係のない面白い話などをして、お客様を喜ばせようとしています。


2.あなたの接客の長所

話題の幅が広く、発想がユニークなところです。あなたの雑談は面白いので、あなたと話すことを好むお客様がしょっちゅうやって来て長話をしていきます。お客様の名前や以前買った商品を忘れるなど少し無責任な面が、お客様が気楽にふるまえる理由になっています。


3.あなたの接客の短所

目的からはずれがちなところです。詳しく分かりやすい説明を望むお客様には、信頼されにくいところがあります。


4.あなたの接客に対するアドバイス

肝心のところを避けてばかりいたのではなかなかモノは売れません。ここぞという時にはお客様を決心させるためにはっきりした態度を示すことも必要です。従って、いつまでも冗談ばかりいっていないで、「これをお勧めします」「今なら大変お得です」などはっきりしたセールストークをするように心がけましょう。そして、せっかく真面目なことを言った後に、それを帳消しにするようなトンチンカンな言葉を言わないように気をつけることです。



[戻る]