最新情報は随時更新のブログをごらんください。

「人の動き」という観点から、
お客様を引き付ける店員の接客行動(態度)を分析。

13タイプの店員と13タイプのお客様がうまくいくための接客技術(テクニック)
リアル店舗の店員の接客が現代日本のコミュニケーションを守っている。がんばれ、接客現場!



※「カラダの動き」で分析すると、お客様のタイプは13通り。一方、店員のタイプも13通り。13タイプの店員が13タイプのお客様に接客するから169通りの人間関係が入り乱れて接客現場は大混乱! 
このブログでは、店員とお客様の行き違いから生じる接客の失敗やトラブルを防ぎ、お客様に満足を提供するためのヒントを「人の動き」という観点から毎日更新しています。


達人店員(販売員)の接客テクニック
客を引き付けるのがうまい店員(販売員)は「なわばり解除」のアクションがうまい。達人の動きの秘密をマンガでわかりやすく解説しています。更新中。

*デパ地下で手羽先をどんどん売る試食販売の達人

「繁盛店分析」
行列ができる実例店の秘密を、「人の動き」を基本に、店舗構造と店員(販売員)の接客の仕方から分析しています。繁盛店をどんどん更新中。

「原宿ポップコーン」3店の行列比較。一歩遅れたドックポップコーン
「アップルストア表参道」本日オープン
「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員とお客様の動き
弁当「お肉の細道」大丸百貨店東京店
菓子「東京お菓子ランド」東京駅
家電・ファッション「ビックロ」東京・新宿・三越跡
洋菓子「サダハル・アオキ」渋谷ヒカリエ

パン「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」渋谷ヒカリエ
ラスク「ガトーフェスタ・ハラダ」京王百貨店新宿店
かりんとう「麻布かりんと」大丸百貨店東京店
バームクーヘン「ねんりん家」大丸百貨店東京店
和菓子「仙太郎」伊勢丹百貨店新宿本店
行列ができる店の共通点

「衰退店分析」
良い立地にある有名ブランドの店でも、店舗構造と店員(販売員)の接客が悪ければ入りにくい店になってしまいます。ついつい陥りがちな店舗と接客の失敗をイラストでわかりやすく解説しています。衰退店を随時更新中。

繁盛店を生み出す、店舗パワーと接客パワー
セルフ販売コーナーが機能していない店
*客を遠ざける接客(店員のアクション)が際立つ店


「入りやすい店売れる店の基本的な考え方」
繁盛店と衰退店はなぜ生まれるのか?人間のなわばり感覚から、入りやすい店と入りにくい店の秘密を分析するための基礎知識をまとめています。初めての方はぜひご覧下さい。

「マンガ良い店悪い店の法則」
良い接客をするために知っておかなければならない客と店員(販売員)の特殊な関係をマンガでわかりやすく説明しています。どんどん更新中。



客が思わず手を出す試食販売の達人
客に試食品を受け取らせるコツ(手羽先試食販売)
 

デパ地下などの食品売り場の魅力を考える時に、

忘れることができないのが試食販売の存在。

食べ物や飲み物を買わずに試食や試飲ができるということは、

客にとっては食品売り場めぐりの楽しみの一つである。

しかし、一方で客は、

試食〈試飲〉をすると買わなければならなくなる

ことが生じやすいということをよく知っているので、

警戒してなかなか近づいてこない。

試食販売がむずかしいのは、そこが、

店員と客との熾烈な駆け引きの現場

になっているからだ。

これは、六尺(約1.8メートル)の台の上に商品を並べただけの

「店員空間が狭い接触型店」の構造をした

「手羽のから揚げ」を売る店である。

この店の達人販売員のアクションを見てみよう。

この達人は、客が一人もついていない時は、

静かに商品を並べ替えたり包装材を整理したりという作業をしている。


客が立ち止まると、説明開始。

ただし、直接目の前の客に話しかけるのではなく、

切れ目なく、説明と呼び込みを続け、

客が近づいてきたら、すかさず、

客の顔を見ないで試食品を手渡す

ことがポイント。


客は試食したい気持ちはあっても、

試食したらイヤでも買わなければならなくなる

ことを恐れて躊躇しているので、

試食しても気にいらなければ買わなくてもいいということを、

ことばではなくアクションで伝えることが大切だからだ。

そうこうしているうちに客から注文が入ったら対応する。


一度試食した客に別の試食品を手渡す時には、

きちんと客の顔を見て、にっこり笑いかけてかまわない。

一度試食をして立ち去らなかった客は

すでに警戒心を解いているので、

店員とのコミュニケーションを受け入れやすくなっているからだ。

試食販売のポイントは、

「売る」ことではなく、「食べさせる」こと。

従って、試食販売のコツは、

ムリに客とコミュニケーションをとろうとしないこと。

客が軽い気持ちで試食できるように、

できるだけ客に負担をかけないことが大切。


熱心さのあまり、客に強引に近づくと嫌われる。


だからといって、身体を動かさないで、

ことばだけで勧めても何も伝わらない。


試食をしている客の姿は、たとえ買ってくれなくても

次の客を引き付けるための大きな力(サクラパワー)になる。

試食をする客が絶えない状態を保てば保つほど、

売り上げも上がる。

 

この店は

 

 

戻る
次へ