客が逃げ出す試食販売
これをやったら誰も寄って来ないぞ!(催事販売)
 

試食販売の目的は、なんといっても試食してもらうこと。

食べてくれた客のうちの、ほんの一握りの人が買うわけだから、

ケチケチせずに、一人でも多くの客に試食してもらうことが

売り上げをあげる秘訣になる。

しかし、タダで食べられるのだから、

いくらでも客が集まると思ったら大間違い

試食したら、買えと迫られるに決まっているのだから、

たいていの客は警戒している。

次の例がなぜ失敗なのか、アクションから検証しよう。

この店は催事用につくられた梅干を販売するための店舗。

若くてイケメンだが、あまり販売経験がなさそうな

販売員ばかりが4人、店の前に立っている。



 

 

四人は並んで前を通る客に声をかける。 

 

試食用の商品は梅干。

梅干をまるまる一個、トングにはさんで、

それを通行客に勢いよく差し出す! 

客は思わず驚いてよける。

 

 

中に一人だけ、ゆっくりと差し出す販売員がいて、

たまたま通りかかった年配の女性客に

そっと梅干をさしだした。  

 金属のトングを目の前に差し出されて

戸惑う女性客。

しばらくは、意味が分からない。 

販売員が、そのままそっと差し出しながら、

やさしく声をかけたので、女性客はようやく

試食販売だということに気がついた。 

 やさしい女性客は販売員に好感を持ったらしく

誘導にしたがって梅干を試食してくれた。

しかし、他の販売員はいっこうに試食してもらえない。 

 *

 なかなか試食販売が成功せず、集まって

作戦会議をする4人。

これではいつまでも売れない!

* 

失敗から学ぶ教訓

■店の構造が悪く、販売員空間に立って販売できない。

■販売員四人店の前に立って客を待ち受けているので、

客は怖くて近寄れない。

■試食品を渡すのに、金属製のトングを使っているため、

客に危険を感じさせてしまう。

典型的な客を遠ざけるアクションが生じ、

激しいなわばり主張をしているので

客は警戒してなかなか近づかない。

なわばり解除のアクションを工夫する必要がある。

 

この店は 

 

   

戻る
次へ