6−(4).引き込み・回遊型デザインの店とサクラパワー
 

 引き込み・回遊型デザインの店は、

販売員空間がある場合も、ない場合も、

店の大部分を占めているのは、

回遊型の商品空間と客空間です。

そこで、客が店内を回遊している様子がよく目立ち、

客を店内に長時間滞留させることができれば、

客が客を呼ぶサクラパワーを生じさせることができます。

  

 一般に、販売員空間がない、引き込み・回遊型デザインの店は、

客が入りにくいので、できるだけ入り口を広く取り、

道と店内の境界線をあいまいにすることが必要です。

また、販売員がなわばりを解除することにより、

店内に少しでも多くの客を滞留させることが

入りやすい店をつくるポイントになります。

  



戻る
次へ