最新情報は随時更新のブログをごらんください。

「人の動き」という観点から、
お客様を引き付ける店員の接客行動(態度)を分析。

13タイプの店員と13タイプのお客様がうまくいくための接客技術(テクニック)
リアル店舗の店員の接客が現代日本のコミュニケーションを守っている。がんばれ、接客現場!



※「カラダの動き」で分析すると、お客様のタイプは13通り。一方、店員のタイプも13通り。13タイプの店員が13タイプのお客様に接客するから169通りの人間関係が入り乱れて接客現場は大混乱! 
このブログでは、店員とお客様の行き違いから生じる接客の失敗やトラブルを防ぎ、お客様に満足を提供するためのヒントを「人の動き」という観点から毎日更新しています。


達人店員(販売員)の接客テクニック
客を引き付けるのがうまい店員(販売員)は「なわばり解除」のアクションがうまい。達人の動きの秘密をマンガでわかりやすく解説しています。更新中。

*デパ地下で手羽先をどんどん売る試食販売の達人

「繁盛店分析」
行列ができる実例店の秘密を、「人の動き」を基本に、店舗構造と店員(販売員)の接客の仕方から分析しています。繁盛店をどんどん更新中。

「原宿ポップコーン」3店の行列比較。一歩遅れたドックポップコーン
「アップルストア表参道」本日オープン
「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員とお客様の動き
弁当「お肉の細道」大丸百貨店東京店
菓子「東京お菓子ランド」東京駅
家電・ファッション「ビックロ」東京・新宿・三越跡
洋菓子「サダハル・アオキ」渋谷ヒカリエ

パン「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」渋谷ヒカリエ
ラスク「ガトーフェスタ・ハラダ」京王百貨店新宿店
かりんとう「麻布かりんと」大丸百貨店東京店
バームクーヘン「ねんりん家」大丸百貨店東京店
和菓子「仙太郎」伊勢丹百貨店新宿本店
行列ができる店の共通点

「衰退店分析」
良い立地にある有名ブランドの店でも、店舗構造と店員(販売員)の接客が悪ければ入りにくい店になってしまいます。ついつい陥りがちな店舗と接客の失敗をイラストでわかりやすく解説しています。衰退店を随時更新中。

繁盛店を生み出す、店舗パワーと接客パワー
セルフ販売コーナーが機能していない店
*客を遠ざける接客(店員のアクション)が際立つ店


「入りやすい店売れる店の基本的な考え方」
繁盛店と衰退店はなぜ生まれるのか?人間のなわばり感覚から、入りやすい店と入りにくい店の秘密を分析するための基礎知識をまとめています。初めての方はぜひご覧下さい。

「マンガ良い店悪い店の法則」
良い接客をするために知っておかなければならない客と店員(販売員)の特殊な関係をマンガでわかりやすく説明しています。どんどん更新中。



接客されたら買ってしまう販売の達人
よくやってくれたという満足感が決め手(家電量販店)
 

なわばりが解除され、客が商品を検討し、

販売員に声がかかって、いざ接客開始となったあとには、

個人の身体信号(特にアクション)が接客に大きな影響を与える。

もちろん、豊富な商品知識があることは有効だが、

それを発揮するにしても、感じがいいアクションを

している人の方が、感じが悪いアクションをしている

人よりも、客から受け入れられる確率は高い。

次の達人のアクションから、基本的なアクションを学ぼう。 

客から声をかけられた達人は、客の方に前傾して

話を聞いている。姿勢がいいということは一般には

いいことだが、販売における接客の場合は、

あまり姿勢がよすぎると偉そうに見えるので要注意。

達人は身を乗り出すようにしているので、

熱心で親切に見える。

 

 

商品の説明は、きちんと指をさして分かりやすく、

これは「一点注意の動き」を使っている。 

 

 どんなに商品知識があっても、身体をほとんど

動かさず、ことばだけで説明する人は

わかりにくく不親切なイメージを与える。

一番いいのは、豊富な知識を、

親切でわかりやすいアクション

「接近の動き」、「一点注意の動き」などで

説明することである。 

 

 対応のスピードが速いのも達人に共通する特徴。

この場合も、他のおすすめの商品をすばやく取りに行っている。

これは後ろに早く下がる「機敏の動き」で、一般に

販売の達人といわれる人に共通している。

 

 

 商品を急いで持ってきてくれることは、

客にとって感じがいい。

一生懸命やってくれるように感じられる。 

 

一生懸命説明してくれる。

一生懸命商品を探してくれる。

しかも押し付けがましい態度はしない。

ということを繰り返していると

客はその販売員に好意を持つようになる。 

 

多少高かったり、少し問題があっても、

客は販売員の対応によっては購入を決めることがある。

そういう機会が多い人は売り上げも高く、

いわゆる達人といわれる。 

 

 感じのいい販売員は、お礼やお詫びをきちんと言う。

売れてしまったあとこそ、感じよい態度をとることが

リピーターにつながる。 

 

 

この店は 

 

    

戻る
次へ