最新情報は随時更新のブログをごらんください。

「人の動き」という観点から、
お客様を引き付ける店員の接客行動(態度)を分析。

13タイプの店員と13タイプのお客様がうまくいくための接客技術(テクニック)
リアル店舗の店員の接客が現代日本のコミュニケーションを守っている。がんばれ、接客現場!



※「カラダの動き」で分析すると、お客様のタイプは13通り。一方、店員のタイプも13通り。13タイプの店員が13タイプのお客様に接客するから169通りの人間関係が入り乱れて接客現場は大混乱! 
このブログでは、店員とお客様の行き違いから生じる接客の失敗やトラブルを防ぎ、お客様に満足を提供するためのヒントを「人の動き」という観点から毎日更新しています。


達人店員(販売員)の接客テクニック
客を引き付けるのがうまい店員(販売員)は「なわばり解除」のアクションがうまい。達人の動きの秘密をマンガでわかりやすく解説しています。更新中。

*デパ地下で手羽先をどんどん売る試食販売の達人

「繁盛店分析」
行列ができる実例店の秘密を、「人の動き」を基本に、店舗構造と店員(販売員)の接客の仕方から分析しています。繁盛店をどんどん更新中。

「原宿ポップコーン」3店の行列比較。一歩遅れたドックポップコーン
「アップルストア表参道」本日オープン
「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員とお客様の動き
弁当「お肉の細道」大丸百貨店東京店
菓子「東京お菓子ランド」東京駅
家電・ファッション「ビックロ」東京・新宿・三越跡
洋菓子「サダハル・アオキ」渋谷ヒカリエ

パン「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」渋谷ヒカリエ
ラスク「ガトーフェスタ・ハラダ」京王百貨店新宿店
かりんとう「麻布かりんと」大丸百貨店東京店
バームクーヘン「ねんりん家」大丸百貨店東京店
和菓子「仙太郎」伊勢丹百貨店新宿本店
行列ができる店の共通点

「衰退店分析」
良い立地にある有名ブランドの店でも、店舗構造と店員(販売員)の接客が悪ければ入りにくい店になってしまいます。ついつい陥りがちな店舗と接客の失敗をイラストでわかりやすく解説しています。衰退店を随時更新中。

繁盛店を生み出す、店舗パワーと接客パワー
セルフ販売コーナーが機能していない店
*客を遠ざける接客(店員のアクション)が際立つ店


「入りやすい店売れる店の基本的な考え方」
繁盛店と衰退店はなぜ生まれるのか?人間のなわばり感覚から、入りやすい店と入りにくい店の秘密を分析するための基礎知識をまとめています。初めての方はぜひご覧下さい。

「マンガ良い店悪い店の法則」
良い接客をするために知っておかなければならない客と店員(販売員)の特殊な関係をマンガでわかりやすく説明しています。どんどん更新中。


明るく元気に場を盛り上げる達人
客を楽しませるパフォーマンス(居酒屋)
 

 このイラストの男性は、元気の出る朝礼で有名な居酒屋チェーンの社長だが、

この内容は、彼がまだ、居酒屋の店長をしていた頃の

ある雑誌の取材を基にしている。

彼は多くのスタッフの中でもきわめて感じが良く、

女性客にも男性客にも大変人気があった。

感じの良い動きの秘訣を探ってみよう。

 * 

この店では、スタッフは初めに客に名刺を出してあいさつをする。

店長は明るい笑顔で元気良く名刺を差し出すが、

前に差し出す動きは実際にはゆっくりなので、

失礼な感じや生意気な感じはしない。

客の注文を取るためにメニューの説明をする。

「三つくらいしか覚えられない」と言って、

へりくだったジョークを入れて笑いを取る。 

 客に合わせておすすめの商品を紹介する。

身振り手振りを入れて商品を紹介すると、熱心さが伝わる。

実際、かなりの客が店長のおすすめに従う。

注文に対しては、上から下に力を入れるうなずきで

しっかりと対応する。 

注文を受けたら、後はキビキビと対応する。

早く下がる、素早く注文を厨房に伝えに行くなどの

動きは、客から見ると大変感じよく思われやすい。

このときに、だらだらしていると、やる気がないように

思われやすいので要注意。 

 この店は居酒屋なので、高級料亭などと比べると

全体にスピードが早い。

店長は料理を持って走ってやって来て、

すばやく食器を上げ下げする。 

客とのやり取りでは屈託なく笑う。

この時には、身体の力を抜いて前にゆっくり倒れるのが自然。

そっくりかえって笑うと生意気で感じが悪いと思われるので

注意が必要である。 

 店長は客と冗談を言い合うような関係になっても、

決して自分が接客のプロであることは忘れない。

ところどころできちんとした動きを行い、

お客様に対する適度な距離感を表現する。

スタッフが羽目をはずしてなれなれしい態度をすると、

客は本心ではカチンと来るので、

調子に乗りすぎず、締めるところを締めるのが

プロの技。

 

このようなアクションを繰り返す店長は大変な人気者になり、

その後、独立して、立派な社長になった。

サービス業には向き・不向きはあるが、

接客の才能を持っている人なら、

この店長の動きをある程度は真似られるはずである。

 

主に使う動き

● 攻撃の動き・・・・身体を上から下に向かって、力を入れて動かす動き

● 虚脱の動き・・・・身体を上から下に向かって、力を抜いて動かす動き

● 協調の動き・・・・ 身体を下から上に向かって、力を抜いて動かす動き

● 接近の動き・・・・・・・・・・・ 身体を前に向かってゆっくりと動かす動き

● 突進の動き・・・・・・・・・・身体を前に向かって、早く唐突に動かす動き

● 機敏の動き・・・・・・・・・・・・ 身体を後ろに向かって素早く動かす動き

  


戻る
次へ