声をかけるタイミングが読めない販売員
自分が客を遠ざけているということがまったくわからない人(家電量販店)
 

 

販売員はいつ客に声をかければいいのか?

これは、販売の世界で長い間、大きな悩みだった。

今日では、セルフ販売方式の店が多くなり、

客がレジに商品を持って来るまで接客を開始しない

ということが一般的になったが、

かつては、販売員が声をかけないことは、

客に対して失礼なこと

やる気がないこと

と考えられていたので、

多くの販売員は、客に逃げられないような

声のかけ方を熱心に研究していた。

しかし、もちろんそれは功を奏さなかった。

* 

さて、現在でも、自分が客として買い物をしているときには、

販売員に声をかけられるのを嫌うくせに、

いったん売り場に立つと、突然考え方が変わる人がいる。 

 

客が商品に触ると、何を探しているのか聞きたくなる。 

 

 

自分が声をかけたことが原因で、客が逃げたなどとは

まったく想像できない。

内心では、声をかけたのに立ち去った客に

ちょっとむっとしてしまう。 

 

 こういう人は、客が少しでも関心を示すと、

直に接客を開始せずにはいられない。

売ることばかりを考えて、ぜんぜん客の気持ちが読めていない。

 

 そういう販売員のアクションは、客を遠ざけるので

気をつけなければならない。

 

この店は

 


戻る
次へ