客を商品に近づけない見張り役
その態度、客に嫌われます(大型家電店)
 

近年では、家電量販店では、かつてのような

激しい接客競争が行われることはほとんどなくなった。

かつては、それぞれのメーカーから来ている販売員が

客をつかまえようと激しい販売競争を行っていたので

客は大型家電店でも、なかなか自由に商品を

見ることができなかったものである。

しかし、今でも、知らず知らずのうちに

客を遠ざけてしまう販売員は存在している。

彼らが客を遠ざける代表的なアクションは、

商品空間の前にじっと立つ

ことである。 

 

 

本人は特に悪気はないが、客が近づいて来ても

その場にじっとしたまま動かない。 

実際には、何も言わないが、いかにも何か言いそうである。 

店においては、販売員と客とは、

利害が対立している

 ということをよく理解しておくことが大切だ。

販売員はできるだけ早く客をつかまえて売りたい。

一方、

客はできるだけ販売員につかまらずに

いろいろな商品をチェックしたい。

このように、客と販売員は店でやりたいことが違っており、

これはそれぞれの立場上仕方がないことである。

このことを理解して、客がやりたいことをうまく

サポートしているのが売れる販売員である。

売れない販売員ほど、

「自分はお客様の立場に立っている」

「お客様の味方をしているから嫌われるはずがない」

 と思い込んでいるので、アクションをコントロールしにくい。

 接客を仕掛けてきそうな様子で、商品の前に立ってる

こと自体が、客が自由に商品を見たいと言う気持ちを

妨害してしまうので、要注意。

 

この店は

 

 

 

戻る
次へ