へりくだった立ち方
 

一般に、日本の接客やサービスでは、

へりくだった立ち方が求められる。

やわらかな物腰と「なんでもうかがいます」という

態度が要求される日本のサービス業では、

姿勢がいいことは高得点ではない。

 

 腰の低い人 というのは、単なる言い回しではなく、

本当に腰を低くしている

腰の低いアクションをすると、腰が低い人になる。

接客の達人で、モデルのように姿勢よくしている人はいない。

彼らは腰を落とし、軽く前傾することで、

へりくだった態度と、お客様の要望にすぐに応える

というイメージを生み出している。

主に使用する動き

● 虚脱の動き・・・・・・身体を上から下に向かって、力を抜いて動かす動き


 

 



戻る
次へ