好意を伝えるしぐさ1(近づいても相手に警戒されないしぐさ)
営業でお客さんと親しくなる/友達になる/知り合いの女性との距離をつめる
 

 

人間は基本的に他人の存在を警戒している。

だから、相手に近づくには、手順が必要だ。

それは、相手が男でも女でも同じである。

営業で、お客さんと親しくなったり、

新しい友人をつくったり、

気になる女性との間の距離をつめるためには、

相手を警戒させずに、自然に近くに寄ることが必要だ。

ここでは、腰掛けていて、相手との距離をつめるときに

有効なしぐさを紹介しよう。

まずは、相手に笑いかける。

邪心を捨て、屈託なく笑いかけるためには、

身体の力を抜くことが大切だ。

緊張するとどうしても身体に力が入り、ぎこちなくなる。

すると、相手の警戒心を誘発しやすくなる。

相手との位置関係は、テーブルをはさんで向かい側ではなく、

横から回りこめる90度の位置がよい。

また、椅子がキャスターつきの回転椅子ならなお良い。

 

次に、座っている位置は変えずに、相手の方にゆっくり身体を傾ける。

つまりは、相手の方にゆっくり身を乗り出す。

相手の方に早く動くと、相手を驚かせてしまうので、

あくまでもゆっくり自然に前に出る。

「なんだ、そんなこと・・・」と思うかもしれないが、

このような「接近の動き」には得意な人と不得意な人がいる。

自然に相手の方に身体を近づけられる人と、

緊張してうまく行かない人がいるので、自分はどちらか試してほしい。

前傾したら、前方の足に重心をかけ、

テーブルについた手に力を入れて様子を見る。 

 

 

相手の方に乗り出すしぐさは、熱心さを感じさせると同時に、 

相手との距離を縮めるための伏線になる。

身を乗り出したとき、相手が後ずさりしたり、

露骨にいやな顔をしたりしたら、

それ以上無理に近づかない。

強引に近づくと嫌われる。

その場合は、

ゆっくりもとの位置に身体を戻して

さりげなく話を続ける。

人間も他の動物と同じで、他固体を警戒するのが普通なのだから、

そのことで落ち込む必要はない。

大切なのは、相手の安全を確保しながら、

ゆっくり近づくことである。

しばらく時間をおいて、再びトライしよう。

もしも、いやな顔をされなければここでもう一押しする。

前に出した足と、手に力を入れて、

回転椅子を相手の方に移動させる。

つまり、前傾していた手の位置まで、身体を持ってくる。

 

上半身はすでに相手に近づいているのだから、

下半身が移動してきても、見た目の距離はあまり変わらない。

しかし、相手との距離は非常に近くなっている。

興奮して、怖い顔をしないこと。

あくまでも、無邪気な笑顔を保つこと。

主に使う動き 

  ● 接近の動き・・・・・・・・・・・・・・・・・・身体を前に向かってゆっくりと動かす動き

● 虚脱の動き・・・・・・・・身体を上から下に向かって、力を抜いて動かす動き

  

 

 



戻る
次へ