お客様にお礼を言うしぐさ(高額商品の場合)
 

 お礼の言い方、お辞儀の仕方も、

扱い商品によって違いがある。

安い商品でていねいすぎると、かえってバカにしているように

感じられることがあるので、気をつけなければならないが、

高額商品を買ったお客様に対していいかげんなお礼の

仕方をすると、そうとう怒らせることになるので、

とにかくきちんとお礼をしなければならない。

まず、へりくだった立ち方をする。

 

 そして、ゆっくり頭を下げる。

お客様の顔を見つめたまま、頭を下げてはいけない。

必ず、視線を落として、床を見ること。

最敬礼ほど深く頭を下げる必要は無いが、

相手に頭の上が見えるくらいまでは下げること。

そのまま、静止する。

  

 

頭を上げるときはゆっくり上げる

髪の毛が顔にかかっても、頭を振って髪を上げてはいけない。

頭を上に勢いよく上げる動きは、

典型的に生意気に見える動きなので、

前髪の長い人は気をつけよう。

主に使用する動き

 ●虚脱の動き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・身体を上から下に向かって、力を抜いて動かす動き

協調の動き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・身体を下から上に向かって、力を抜いて動かす動き

   

 



戻る